うつ病・自律神経失調症の克服記録

長く現代病と言われる傷病に悩まされてきました。少しずつ脱却するコツに気づく事が増えてきたので記していきます。

喫煙(パイプ、葉巻)が充実していると心身症の症状が軽くなった~リラクゼーションの一つの方法として喫煙を取り入れている

喫煙が趣味になっている事は以前記しましたが、現在も喫煙習慣は続けています。

autonomic.sasapurin.com

続けているというよりは、より深く喫煙の世界にハマっている感じではあります。

具体的には、パイプタバコシガー(葉巻)の世界にも足を踏み入れました。特にパイプタバコは香りを愉しむ喫煙方法なので、30~40分以上かけてぷかぷかと良い香りの煙に癒やされています。満足度の高い喫煙を終えると不思議な事に喫煙欲がかなり抑えられます。自宅でシガレットを喫煙する回数は激減しました。

タバコの本数を少なくしたい人は、満足度の高い喫煙をすると実現するかも知れません。香りを楽しみたい人ならパイプがオススメ、味わいを楽しみたいならシガー(葉巻)がオススメです。

mypace.sasapurin.com

誤解されるといけないので早々に記しておきますが、私のタバコの消費本数はむしろ減っています。シガレット(紙巻きタバコ)は、喫煙を再開する以前の喫煙習慣から一日に7~8本程度だったのですが、現在もその本数は増えていません。20本入りのシガレットを購入しても2日以上持ちます。

もう少し事実を記しておくと、私の喫煙は「香りを愉しむ」という事に主眼を置いているので、シガレットの銘柄は単一に固定しておらず、色々なシガレットを購入しています。職場で日によって喫煙室に持ち込む銘柄が違うので、「今日はなに?」って聞かれたりします。職場ではそういう感じで見られています。

続きを読む

わがままに生きる事の大切さを記しておく~世の中自己中心的な人間ばっかでそういう考え方も必要

以前、心身症を繰り返さない仕事の仕方について自分が意識している事を記しましたが、もうちょっと詰めた内容に触れておこうと思います。

うつ病とか自律神経失調症とか、ストレスが原因となる傷病の辛さを知っているのでそういう悩みを持つ仲間を少しでも減らしたいという思いです。

autonomic.sasapurin.com

ジコチュー(自己中心的)な思考は慣れの問題

基本的に人間は自己中心的な存在だと断言して良いと思います。生まれたての赤ん坊は、腹が減った時、眠い時、うんこしょんべんしてオムツが気持ち悪い時など、泣きたい時に泣きます。

これを自己中心的な行動というには語弊があるかも知れませんが、人間は生まれながらにして自分の主張をする生き物です。

例えば、我が家ではペット(インコ)を飼っていますが奴らは好き放題気ままに生きています。でも全てのインコは性格や習性が違います。人懐っこいのも居れば、身体に触れられることを嫌がるのも居ます。大人しいインコもいれば、餌箱に入って足で餌をかき混ぜてそこいら中に飛び散らかす癇癪持ちもいます。これは間違いなく個性でしょう。

人間にも同じ個性があって当然なのですが、幼稚園や保育園、学校教育によって集団における立ち振舞を学習し、自己を抑制したりする術を覚えます。日本の教育においては、いわゆる「良い子ちゃん」が良しとされるので、個の欲求を抑制して大人しく秩序有る行動を要求されますし、子供の頃は大人に評価される事を無意識に行動として取っ手しまいます。

しかし、個性は生まれながらに持っているものなので、教育を受けてもそれに従えないわがままな子供も居ます。先生からいつも怒られていたり、決まりを守れない子供もいます。集団行動に馴染めず乱暴を働いたり、孤立して一人ぼっちで行動することを好む子もいます。

しかし、本来の人間は、個の個性を持っているわけですから、集団活動に馴染めない子供が悪いというのは間違っていると私は思っています。むしろこういう子供達の方が大人になってからも好きに生きられるので、自分のしたいことをして生きているという傾向が強いと感じます。

逆に言えば義務教育における躾によって、個性はかき消され(抑制させられ)、社会でこき使われるロボットちゃんを育成していると今は思っています。私自身は子供の頃から「ききわけが良かった」と親、親族から言われるので、このロボットちゃん育成カリキュラムにまんまと嵌められた、人生を損する生き方をしたと思っています。

続きを読む

心身症を繰り返さない為に仕事への取り組み方を変更した~自分に少し甘い位が丁度いい

この季節、花粉症が面倒ですが今年は医療機関の受診なく、市販薬(目薬、点鼻薬)でやりくりしています。日によって花粉症の程度は違いますが、今のところ例年より少しマシかも知れません。

自律神経失調症の近況

さて、一度自律神経失調症を拗らせて、2年程働くことも出来ず、夜も眠れなかったりとめちゃくちゃな体調にしてしまったことから、現在も心療内科に3ヶ月置きに通院している訳ですが、処方される薬の量は凄く減りました。

主治医いわく「ほとんど気休め程度だよ」「もう服用しなくても大丈夫なんじゃ?」と言われたりします。

しかし、仕事での色々なストレスを受けないわけには行かないので、どうしても日によって薬の効きが悪く、異常に肩が凝ったり、頭痛がしたりという日はあります。薬を服用するのを忘れる事もありますが、軽微な時は「なんとなく調子が良くないなぁ」という程度で済んだりもします。完全に処方薬を断つことはまだ無理な様です。

続きを読む