読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病・自律神経失調症の克服記録

長く現代病と言われる傷病に悩まされてきました。少しずつ脱却するコツに気づく事が増えてきたので記していきます。

わがままに生きる事の大切さを記しておく~世の中自己中心的な人間ばっかでそういう考え方も必要

以前、心身症を繰り返さない仕事の仕方について自分が意識している事を記しましたが、もうちょっと詰めた内容に触れておこうと思います。

うつ病とか自律神経失調症とか、ストレスが原因となる傷病の辛さを知っているのでそういう悩みを持つ仲間を少しでも減らしたいという思いです。

autonomic.sasapurin.com

ジコチュー(自己中心的)な思考は慣れの問題

基本的に人間は自己中心的な存在だと断言して良いと思います。生まれたての赤ん坊は、腹が減った時、眠い時、うんこしょんべんしてオムツが気持ち悪い時など、泣きたい時に泣きます。

これを自己中心的な行動というには語弊があるかも知れませんが、人間は生まれながらにして自分の主張をする生き物です。

例えば、我が家ではペット(インコ)を飼っていますが奴らは好き放題気ままに生きています。でも全てのインコは性格や習性が違います。人懐っこいのも居れば、身体に触れられることを嫌がるのも居ます。大人しいインコもいれば、餌箱に入って足で餌をかき混ぜてそこいら中に飛び散らかす癇癪持ちもいます。これは間違いなく個性でしょう。

人間にも同じ個性があって当然なのですが、幼稚園や保育園、学校教育によって集団における立ち振舞を学習し、自己を抑制したりする術を覚えます。日本の教育においては、いわゆる「良い子ちゃん」が良しとされるので、個の欲求を抑制して大人しく秩序有る行動を要求されますし、子供の頃は大人に評価される事を無意識に行動として取っ手しまいます。

しかし、個性は生まれながらに持っているものなので、教育を受けてもそれに従えないわがままな子供も居ます。先生からいつも怒られていたり、決まりを守れない子供もいます。集団行動に馴染めず乱暴を働いたり、孤立して一人ぼっちで行動することを好む子もいます。

しかし、本来の人間は、個の個性を持っているわけですから、集団活動に馴染めない子供が悪いというのは間違っていると私は思っています。むしろこういう子供達の方が大人になってからも好きに生きられるので、自分のしたいことをして生きているという傾向が強いと感じます。

逆に言えば義務教育における躾によって、個性はかき消され(抑制させられ)、社会でこき使われるロボットちゃんを育成していると今は思っています。私自身は子供の頃から「ききわけが良かった」と親、親族から言われるので、このロボットちゃん育成カリキュラムにまんまと嵌められた、人生を損する生き方をしたと思っています。

続きを読む

心身症を繰り返さない為に仕事への取り組み方を変更した~自分に少し甘い位が丁度いい

この季節、花粉症が面倒ですが今年は医療機関の受診なく、市販薬(目薬、点鼻薬)でやりくりしています。日によって花粉症の程度は違いますが、今のところ例年より少しマシかも知れません。

自律神経失調症の近況

さて、一度自律神経失調症を拗らせて、2年程働くことも出来ず、夜も眠れなかったりとめちゃくちゃな体調にしてしまったことから、現在も心療内科に3ヶ月置きに通院している訳ですが、処方される薬の量は凄く減りました。

主治医いわく「ほとんど気休め程度だよ」「もう服用しなくても大丈夫なんじゃ?」と言われたりします。

しかし、仕事での色々なストレスを受けないわけには行かないので、どうしても日によって薬の効きが悪く、異常に肩が凝ったり、頭痛がしたりという日はあります。薬を服用するのを忘れる事もありますが、軽微な時は「なんとなく調子が良くないなぁ」という程度で済んだりもします。完全に処方薬を断つことはまだ無理な様です。

続きを読む

初めてのぎっくり腰で腰痛の辛さを体感~ヘルストロンは治癒力回復にも効果ある?

先日、思わぬことでぎっくり腰をやってしまいました。人生で腰痛(筋肉痛?)程度は何度もありますが、激痛が走る腰痛(ぎっくり腰)は初めてでした。

発生の場面

仕事の関係でオフィス用什器類をお店から事務所まで軽トラで運び、2人で搬入しました。普段とは違う作業なので作業着に着替えてのぞみました。

軽トラは便利ですが所詮軽トラなので荷台に一度に多くを積載することは出来ません。結局3往復して運びました。

事務所の入り口が狭い上に、足元は3段の階段付きなので2人共慎重に運んだのですが、足元が見えないので足元を見ながらぶつけない様に注意したりと結構大変でした。慣れている人ならそうでもないのでしょうが、日頃肉体労働系の動きをしないのでこういう動きにはブランクありです。

什器類を運び込み位置決めして、一息つける感じだったのですが、後日予定している電話回線(インターネット回線)の引き込みルートを確認していて、入り口付近は人が通るので足元には配線が無い方が良いと、天井裏を配線出来るんじゃないかと、点検口の真下にあるデスクに、靴を脱いで「うんしょっ」と上がった瞬間、激痛というか電気が背骨に走りました。

数秒間身動きが取れません・・
これがぎっくり腰というヤツか(大汗

続きを読む