うつ病・自律神経失調症の克服記録

長く現代病と言われる傷病に悩まされてきました。少しずつ脱却するコツに気づく事が増えてきたので記していきます。

ヘルストロン購入から二週間〜魔法の椅子じゃないのでコツコツと毎日続けるしか無いのです

早いもので、我が家にヘルストロンが来てから二週間が経ちました。

mypace.sasapurin.com

二週間の間、当然ながら毎日一時間以上は座っているのですが、ぶっちゃけ一週間程度ではよく分かりませんでした。ただ、3月中旬から仕事が忙しく残業も多くてストレスは今までとは桁違いな感じでかかってきています。それを考慮しても、自律神経失調症の症状が悪化せずに、仕事にきちんと行けてるのは自分にとっては自信にもつながります。

ヘルストロンに自宅で一時間以上座れるようになって、10日位経ってからだと思いますが、便秘がちな体質の私の症状が改善されています。ここ数日は毎日便意に促されてトイレに行ってます(笑

それと睡眠の質とでも言うか、寝起きが以前はぐったりした状態になることが多かったのですが、最近は比較的調子の良い寝起きを経験しています。夜中に目が覚めることもまず無くなったと感じています。

電位治療の効果としては、血液のイオンバランスの改善と、毛細血管の血流改善という事をプラザで聴いたことがあります。漠然と指の先まで血流がというイメージを持っていたのですが、何が何が、細い血管って内蔵にもあるらしいですね。つまり私にとって自律神経失調症の症状は、内蔵の状態にも悪影響を来していたんだろうなと想像出来ます。内臓の血流が増えたことで便秘気味の体質も改善されているのかも知れません。

あと、仕事から帰ってきて、晩御飯を食べてヘルストロンに座っていると、寝るには少し早い22時頃には気を失いそうな眠気に襲われることが増えました。毎晩ではありませんが、ここ数日そういう日が増えてます。私の自律神経失調症の症状の一つに、慢性的な緊張状態というのがありまして、椅子に座ってて眠くなるというのは非常に珍しいことなのです。

という訳で、これから先も続けるのが楽しみです。

とりあえず仕事が忙しいのが落ち着かないとダメだな。ヘルストロンに座ってるからと言っても通常以上の疲労を解消するのは、魔法じゃないんだから無理です。一日も早く通常の生活に戻せて電位治療が効果を発揮してくれることを期待しています。