うつ病・自律神経失調症の克服記録

長く現代病と言われる傷病に悩まされてきました。少しずつ脱却するコツに気づく事が増えてきたので記していきます。

久しぶりに身体表現性障害の症状で寝込んだ~季節の変わり目には毎年この体調不良が起きている

土曜日、日曜日、月曜日とキツイ花粉症の症状&自律神経失調症でえらい目にあいました。

鼻水、鼻づまり、涙目、喉の痛み、咳込み、微熱、頭痛、肩こり、首こり・・便秘、下痢とか色々な症状

日曜日には熱が出て、目の奥が痛む状態になりました。全身が肩こりみたいな痛みで気力を削ぎ落とされている様な状態でした。しかしこの症状が何なのかイマイチピンと来ません。確かに普段に比べると調子悪いのですが何?風邪?花粉症?

そんな状態だったのですが、日曜日から月曜日にかけて久しく忘れていた症状に悩まされました。明らかにこれは身体表現性障害(心身症)です。いわゆる自律神経失調症。体中をコントロールしているはずの自律神経が暴走してしまって、微熱が出たと思ったらひどい汗が出るし、体中の筋肉が痛みを訴える状態。便秘かと思っていたら突然下痢になるし、もはやどうしようもありません。

もちろんこれだけ状態が悪いと気力も持っていかれるし、重くて重くて仕方ないので寝て過ごすしかありません。内臓の調子が崩れているので食欲もありません。

仕方なく月曜日は仕事を休ませてもらいました。

正直なところ存在しているのが辛いという気持ちが少しありました。この状態が無限に続くとしたら洒落にならないのですが、せいぜい1~2日だろうと思ったのでスッパリと仕事を休んで回復を待つことにしました。以前はこれが出来なかった・・

結果的に、火曜日の早朝に目覚めて仕事に行ける体調に戻ったことを自覚出来たので、まだ本調子では無いながらも身体を引きずり気味に身支度をして仕事に行きました。

明らかに調子が悪かった数日とは違います。なんとも言えない重苦しさ、永遠に続くのではないかと錯覚させられる辛さは影を潜めました。

以前はこの調子がほぼ毎日続き、無理をしながら仕事を続けていたものの、仕事を休みがちになって(それが負い目になって)どんどん悪化して行く原因になったと思います。

最近は、こういう状態になるのは季節の変わり目(春と秋、つまり年に二回)とわかっているので、受け入れるしか無いという気持ちでやっています。ここで無理しても回復が望めないどころか悪化する可能性が高いことは経験済みなので。

また、自分の体調の変化も客観的に見る(気づく)努力はしなくてはならないと自覚しています。でなければ適切な対処が出来ません。自律神経失調症と付き合っていくには自己分析も必要だと自覚しています。

それと私の体調がどん底だった様子を見ているかみさんも観察して助言してくれるので、より客観的に自分の体調を判断する事が出来ます。

まともな生活が出来ない様な状態になるのは、二度とごめんなので、上手に体調の浮き沈みを受け流していきたいと思います。

なお、春と夏にはこういう症状が起きているので、日記にはしっかり記す様にしています。二週間位のブレはありますがだいたいこの辺りに来るかなという参考データになるので、日記を記すことは結構重要です。自分なりの用語を決めて携帯電話等のカレンダーに記しておいても有効だと思います。