読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病・自律神経失調症の克服記録

長く現代病と言われる傷病に悩まされてきました。少しずつ脱却するコツに気づく事が増えてきたので記していきます。

ヘルストロンで改善〜寒くなったせいで血行不良ですがこの季節に背中が汗ばむとは

ヘルストロン 健康 自律神経失調症

f:id:sasapurin:20141217104214j:plainヘルストロンには毎日座っています。基本的に一時間座っていますが、仕事から帰るのが遅くなった日は、風呂入って、飯食ってとバタバタしているだけで寝る時間になるので、30分位しか座れない事もありますが・・

最近急激に気温が下がり、寒くなってしまいました。バイク通勤なのですが既にグローブは冬用の厚手オールウェザータイプに変更しました。夏用のグローブじゃ手がやばい状態になります。

そんな気温が下がっている日が続いているので、私の身体はただでさえ自律神経失調症のせいで血行障害が慢性化しているのに、さらに悪化してしまいます。

そこでヘルストロンです。

 この椅子に座ったからと言って疲れがさっぱりと取れて元気はつらつになるワケじゃないのですが、血行が確実に良くなるので疲労回復が効率よく行われていると思います。特に寝ている時に人間の身体は回復するらしいので、寝る前にヘルストロンにしっかり座りたいと思って活用しています。

ここんところ、ヘルストロンに座って本を読む日が続いていますが、背中がぽかぽかしてうっすらと汗ばむ事が増えました。それだけ血行が悪いのが改善されているという事なのでしょうが、ここ数年、風邪気味になる日はあってもこじらせることがありません。

食べ物にもなるだけ気を使っていますし、ヘルストロンも活用しています。運動不足については対処できていないので、肝機能障害が軽く数値で出てます。(それで先日記した通り爪の状態が良くないのだと思います)

もう一歩、健康状態を取り戻すには運動不足を解消する必要があるのはわかっていますが、雇われ(サラリーマン)の辛いところは時間を売って給与を得ているものですから、時間が足りなくて運動不足に陥るのが実情です。

朝はなるだけ寝ていたいので、なるだけ歩くようにして通勤すれば良いところ、時間最優先でバイクを使っています。悪循環だなと自覚はしているのですが難しいです。

ヘルストロンは、身体の状態を少し改善の方向に助けてくれますが、ベースの状態が悪いと効果があまり出ないのが体感出来ます。やはり最大限の効果を出すには日ごろから健康維持管理の工夫(努力)が必要です。

極寒の季節になる前に、なるだけ歩く機会を増やす方向で工夫してみようかなと思っています。それが実現できれば、きっとヘルストロン効果ももっと現れると思うのです。そしたらマニキュアを塗って爪を保護するなんて事もやらなくて済むんじゃないかなとか・・