読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病・自律神経失調症の克服記録

長く現代病と言われる傷病に悩まされてきました。少しずつ脱却するコツに気づく事が増えてきたので記していきます。

自律神経失調症の症状が勃発~ストレスが過剰になるとコントロールできない状態に陥る

自律神経失調症

久しぶりに自律神経失調症の症状が暴発してしまいました。風邪との併発で二日間布団の中でゴロゴロして過ごさざるを得ませんでした。

ある程度自覚は出来ているので、昔の様に「原因が分からない」って事はありません。

  1. スケジュール的にタイトな仕事(作業)をした(出張対応)
  2. 予定通りに事が進まず中途半端な状態で作業を中断して出張先から帰宅
  3. 気温がかなり下がった日に片道一時間弱、スクーターで走った
  4. 天候が良くない

一言で言うと原因は「ストレス」です。

1.2.についてはどうしようもないです。作業が予定通りに進まなかったのは、自分のせいではなく、某通信会社が一時間遅れて来たお陰で、一時間作業が後回しになったので作業時間が一時間減りました。航空便を使っての出張作業だったので帰りの便の事もあり途中で切り上げるしかありません。頭の中には作業の残務が残ったままで悶々としてます。

どうしようもないストレスです。

また別の日に行かなくてはならないのか?
別の人に指示を出して対処する事になるのか?(指示書を作らなくてはならない?)
とか考えると余計な仕事が増えてゆううつになります。

3と4については自然現象なので仕方ないのですが、自律神経失調症持ちにとっては避けられないストレス源です。健康な頃の私は我慢強い方だったのですが、患ってからは激しく身体が拒絶反応を起こすので、寒さも無視出来ませんし、気候の悪さも(低気圧とかも)悔しいけれど影響されます。

いかにストレスを抜いて、気持ちをクリーンな状態に保つかがずっと自分に要求されるスキルなのですが、今だにこの課題は解決出来てません。おそらくこれから先自分の身体と付き合っていく上でずっとこのスキルは要求されるんだと思います。

ストレスで自律神経が乱れると、風邪もひきやすくなると感じます。身体を防御する能力(免疫力)が落ちるんじゃないかと思います。健康を維持して行く上で、自律神経の乱れを改善することは自分にとって重要な事であり、おそらくそれが上手くできれば普段心がけている健康管理ももっと効果が出てくると思います。

健康な人に比べるとストレスに対する過敏症みたいなものなので、自分のストレスを自覚する事は常に欠かせない事だと思っていますし、それを自覚出来たことは進歩だと思います。課題は多いですがコツコツ取り組んでいこうと思います。

今の世の中でストレスを感じない生活なんて無理なので、一番良いのは、ストレスを蓄積せず発散出来る趣味を持つ事でしょうね。最近無趣味状態なので良くないと自覚しています。