うつ病・自律神経失調症の克服記録

長く現代病と言われる傷病に悩まされてきました。少しずつ脱却するコツに気づく事が増えてきたので記していきます。

近いゴールの課題に取り組む必要性を感じた~達成感はちょっとしたご褒美だけど実に大切

現在の仕事は専門外の仕事で、過去に経験してきたスキルを活かす場面があまり無いので、初めてのことに取り組ものにリサーチしたり、資料を漁ったり、試行錯誤したり、納期に追われたりと、精神的にキツイものがあります。

なんとか納期に間に合わせるという感じなのですが、立て続けに仕事が回ってきたり、平行で来たりするので、常に動き回っている状態です。

最近は、夜寝ていても仕事をしていてハッと目が覚めたり。

こういうのは実に良くないです。意識的に仕事とプライベートは切り分ける様に取り組んでいるのですが、脳が常に仕事の事を考えているのはまずいです。

家電のメンテナンスで満足感を得た

ヤフオクで買った中古家電が届きました。仕事の休みが取れたこともあり、メンテナンスをする事にしました。と言っても分解して内部を清掃して再組立するだけのシンプルなお仕事(お遊び)です。

機械系は得意なので、ドライバーとちょっとした工具を使って、一時間ちょっとかけてメンテナンスをしました。問題のある箇所はちょっと頭を使って修正したりして、キレイに仕上げることが出来ました。

最終的にキレイに組み上がったので、かみさんに見せると、凄くキレイなのを買ったねと言われたりして、落札価格、その状態から喜ばれたので、俺の腕もまんざらでは無いなと妙な満足感を得たり。

たったこれだけの事ですが、普段追い回されている仕事が終わったことよりも断然達成感を得られて、気分が良かったのでふと気づいてしまいました。こういう感覚を久しく味わってなかった。

趣味が大切というのはこれだ

人それぞれに楽しいこと(趣味)は違います。体を動かして汗をかいてというスポーツが好きな人もいれば、読書をしたり、空想したりと、趣味は人それぞれ千差万別です。

結局、好きな事に取り組んでゴールに到達した時には、イヤイヤやっている事を終わらせた時とは桁違いの満足感が得られるという事を実感してしまいました。

自律神経失調症は現在も付き合っている傷病ですが、上手く付き合っていく為には、こういう工夫は必要だなと改めて認識しました。やはり満足感(達成感)を感じて、自己満足を得ることは凄く大切だと思うのです。

そうする事で、他人にはなんてこと無いイベントでも、それが自分にとってこの上ないご褒美となる訳だから、達成感から満足感、リラクゼーションにつながります。自律神経失調症で常に交感神経優位な状態の私は、処方薬の力を借りて副交感神経の方向によらせていますが、なかなか切り替わらない状態です。

しかし、趣味(楽しい)を通じた満足感を得られると、本当の意味でやすらぎます。少なくとも楽しんでいる時は、仕事の事など完全に忘れています。

ただし、仕事=趣味が危険だということは以前記しました。

オンとオフが必要なのは、人間だれでもそうなのだと思います。きっと走り続けていては壊れてしまう機械の様なものだと思うのです。人間の身体(脳)ってやつは。

目に見えるゴールを設定できる課題を持つ

趣味は楽しいことですから、本当に愉しむことが出来ます。出来ればそんなに時間や日数がかからない、ゴールが見えている課題に取り組むのが、自律神経失調症をごまかす上手い方法だと私は思っています。

例えばプラモデルを組み立てる課題を設定するとして、一日で仕上がる位ではあまり面白くないかもしれません。仮に一週間で仕上がるプラモデルの制作だったとしたら、一週間、空いた時間を使って取り組んで仕上げることが出来ますし、その時には申し分無い達成感が得られるはずです。

自転車でゴールを設定して走るのも良いでしょうし、ランニングでも同じです。ゴールを設定して到達することで満足感が得られます。

一番良くないのは、ゴールが設定されていない、永遠に続く様な課題に取り組む事だと思います。そういうのは仕事だけで良いんじゃないかなと思うのです。もしくはそういう趣味の課題があるなら、もっと短期間で到達できる課題を別に持つべきだと思うのです。そうしないとご褒美が得られず疲れ果ててしまうからです。

目標は自分で設定するしかない

趣味を他人にとやかく言われるのはどうでしょう?指図されるのってどうでしょう?私は嫌ですね。だから自分で目標(ゴール)を設定するしかありません。その目標にはどれくらいの期間で到達できるのがベストか、自分で考えるしか無いと思うのです。

ちいさなご褒美(達成感)を得られる近い目標を掲げるのも良い方法だと思いますし、少し時間がかかる目標も良いと思います。

非常に困難な目標は人生において当然あっても良いと思いますが、日々を生き抜く力を得る為には、比較的近い目標も必要だと思います。人の心は移ろいやすいものですから、今日元気でも明日は落ち込んでいるかもしれません。落ち込んでいる日が続くと人は弱ります。時々は元気にならないといけないと思うのです。

ショッピングでも満足感は得られる

容易に入手したお金でモノを購入してもあまり満足感は得られません。しかしコツコツと貯金してようやく買えたというのはかなり満足感が得られます。高価なものだと簡単には買えないので、ボーナスを使わずに貯金してから買ったりする訳です。

こういうのは子供の頃、お小遣いを貯金して、欲しかったものを買うという体験を経て学習しているハズです。しかし社会人になってある程度お金に自由が効く様になると忘れてしまう感覚なのかも知れません。

けっして効果なものでは無くとも、工夫次第でそれは実現します。一日100円貯金で目標に到達させるとか、工夫次第でなんとでもなります。発想次第で大したイベントではなくともそう錯覚させることができるのです。

最後に

既に私が自律神経失調症と付き合っていく上での、一つの方法について記したので今更しつこいかも知れませんが、あえて記すと、ある程度の負担(精神的?)を自分にかけて、それを開放させる瞬間が訪れた時に達成感が得られると体験上分かっています。

ストレスと上手く付き合っていくには、こういう小さなストレス?を上手く使って、それ以上の達成感で開放させる工夫が必要だと思うのです。そういう仕組だと私は思っています。

人それぞれそのゴールは違うので、具体的にどうこうは言えませんが、自分で少し考えてみると、ちょっとだけ時間のかかる面倒くさいことを達成させる努力をしてみると良いと思います。

但し、くれぐれも、必ずゴールにたどり着ける課題にして欲しいものです。ゴールに到達出来ない課題はたとえ趣味であってもストレスでしかありませんからね。今の私は日々のストレスが多いので、それをいなす為には上手に自律神経失調症と、そしてストレスと付き合って行くしかありません。